私はアスリート

今にも降りだしそうだったけれど、
どうにか午前中は雨が降らず。

その間に、外でのお仕事を、と思いまして
業者さんに連絡。
私の仕事は、敷地内でお仕事を委託している
業者さんが、契約通の仕事ぶりかを評価する
というものです。

安全基準にのっとってやっているか、
契約通りか、を細かく見て、
評価リポートを作成します。

今日は業者さんに連絡した、正にその瞬間に
目の前の建物にいますよ!!と言われ、
それでは、とダッシュで向かったのでした。

目の前の建物と行っても、1ブロックに1つの
建物しかないような広大な敷地なので、
そこまで行くのに3分は全力疾走ですよ。

さて、外でのお仕事が終わり、
事務所へ帰ると、そこへボスがやってきて、
「君がアスリートだったとは知らなかったよ」
と言いました。

へ?

「さっき、走ってただろ? 軽く流してる感じだったけど」

ジョークなんですよ、これ。
しかし、軽く流してる感じってちょっと!!
あれは私の全力疾走です。

ちなみに、今、50mを激走したら、
30秒くらいかかりそうですが(^^;
そんなスピートです、はぃ。

カール・ルイスとよーいドン!!したら、
きっと、私が50mにたどり着く前に、
彼はトラックを1周し、私に追いつき
背中にタッチできそう(^^;

筋肉ムキムキになりたいとまでは
思わないけれど…
普通程度の筋肉はつけた方が
良いんだろうなぁ。

普通ってどんなんよ。




スポンサーサイト

テーマ : お仕事奮闘記
ジャンル : 就職・お仕事

■ Comment

非公開コメント