娘と私の不思議なこと

私は子供の頃、なぜ自分はここにいるのかと
不思議でならなかった。
ここじゃない、という気持ちが強かった。
それから、会話はテレパシーじゃないという事も
不思議でならなかった。
大人の理解不能な作り笑顔が怖かった。
なぜ思っていることをシェアしなくなった、
いや、シェア出来なくなってしまったのかが
分からなかった。
全てが思いをシェア出来れば安心感に包まれる
のになぁと思っていた。

それを娘に話すと、娘も思い出したと言って
話してくれた内容が、また面白かった。
娘は飛べない事が不思議でならなかったらしい。
いったいいつから飛べなくなっちまったんだ?
と思っていたらしい。
だから夢で良く飛ぶらしい。
思いっきり飛んで楽しむらしい。

こんな会話をしている横で私の母が
不思議そうな顔で私達を見ていた。
彼女はそんなことは思ったことなかったって。

覚えてないだけじゃないかなぁ?




関連記事
スポンサーサイト

■ Comment

No title

ムフフフ♪色々思い出せる相手がいるのは楽しいね^^

ASAさんへ

娘とは種が違うというか、どこかちょっと噛み合わない
部分もありながら、それでもなかなか面白い会話を
楽しむことができて楽しい(^^)
ま、気を使わずモロ本音で話せるからね(笑)
非公開コメント